時間はすべてもう重要ではなくて、期日また(まだ)何かに用います
ホーム >>時間はすべてもう重要ではなくて、期日また(まだ)何かに用います
時間はすべてもう重要ではなくて、期日また(まだ)何かに用います
時計の人をつけないで永遠に時計をつける楽しみがと偏屈なことを知らないで、更に手動調整のカレンダーの妙趣がどこですにわかることがあり得ません。

現代人の生活はとてもすばらしい、のしかし誠実な話、おもしろくないのを便利にしますが。私はもしも古代に生んで、間違いなくほかでもなく才気がある女子、さすがに私琴の棋の書画だがしかし全ての毛皮、原因と称することはでき(ありえ)ない全て、:私はだんだんしばらくしての間は精進を練習することができて、あれらの紅楼夢の中の女子はみな読んで詩の妖怪になる女子をして、私は本当に自分に例えて及ばないです。

昔の人の万事は全て重んじる場所があって、app1鍵盤の助力することができる世界ではなくて、人々は時間が細部を研究して、学問を深く追究するのにたくさんあって、今の私達腕時計をつけて時間の習慣を見るのさえなくて、携帯電話に時間があるとすぐに滑って、書きを言う必要はなくて、連手動調整の腕時計は時間の小さい生活の興味を校正して、私達はすべてすでに失いました。

私が機械的な腕時計をつけてカレンダー機能があることが好きで、どうして私がずっと週と期日を覚えていることができないかをも知らないで、ひっくり返って携帯電話のこの事が年齢のだんだん大きくなる私を譲りを見て、ますます好きでありません。私はずっと身につけて日誌の本を持っていますが、しかし郵便物と文書の表を書き込みを書く時、いつも手を挙げてと今日を見たいのが何日(号)ですかに慣れます。手を挙げて見かけるのとため、期日のディスプレイウィンドウの設計はとても重要です。

普通は、チップの中で期日皿は1つとチップの直径のたいして違わない大きさの空腹の車輪で、だから顔立ちの上で期日窓はいつも顔立ちの最も外縁、期日の表示皿がチップの垂直の位置でそうとは限らない、だから多少比較的厚いチップ設計、期日の表示顔立ち上で見てとても小さい、期日ため設計にチップ較内層で順番に当たります。



前ページ: 永久不変の建物の美学の米度の指揮官のシリーズの紀念日の腕時計
次ページ: 張震:ひとつのは全身すべてホルモンの男を配ります