7027、7037、7057はどうして最も買うブレゲに値するのです
ホーム >>7027、7037、7057はどうして最も買うブレゲに値するのです
7027、7037、7057はどうして最も買うブレゲに値するのです
事は遅らせるべきではなくて、ずっと本題に入ります。ひとしきりは前ブレゲが表して買うことができるのがなにかありに言及した兄弟があって、ちょうど去年私のところに1の7057だけあって、それから回転して1人の南方の友達に譲って、私に深い印象を残したのをあげます。だから私は今日7027、7037、7057何匹の価格性能比の比較的高いブレゲ、を言いたいです。

まず、私はやはり(それとも)ブランドの問題を前もって言っておきます。

新規発行市場、再販市場がやはり(それとも)オークションして、回収だであろうと、ブランドは1匹の腕時計の影響に対してとても大きいです。だからこれはどうして、普通な私の少しのおすすめのマイノリティーの商標の原因です。なぜかというとおなじな価格、マイノリティーの商標の腕時計を買った後に、ブランドのため影響力、知名度が低くて、結果が買った後に、後悔しやすいです。

単にブランドから言って、ブレゲはこの世界の最も有名な腕時計のブランドの中の一つでした。今の腕時計の中の陀はずみ車のため、避けて器に震動する、上空中に垂れる糸を巻く、多くの機能、構造はすべてブレゲが発明したのです。だから多くの人はブレゲを“時計の王”に称します。歴史も確かにこのように、欠点がありません。ブレゲは全くパテック・フィリップ、バセロン・コンスタンチン、と相手の並んだトップクラスのブランドが好きなのです。

熟知して今の腕時計の市場の兄弟すべて知っていて、今の市場の最もあつい商標、主に3つあります。パテック・フィリップは、相手、ロレックスが好きです。パテック・フィリップは主にオウムガイが怒るので、相手が皇室のゴムの木が怒るのが好きで、ロレックスはスポーツが火に働くのです。正に今流行っているスポーツが表すためで、スポーツはスーパーを表して怒って、すべての人はすべてスポーツを追っていて表して、スポーツを炒めて表して、かえって正装は誰を表して関心を持ちませんでした。この時、ブレゲの優位ははっきりと示してきた。ブレゲのブランドの地位が高くて、市場の上で正装の金は市況の全体を表して下落して、ブレゲの価格性能比はとても高くなりました。

市場の正装の金はたくさんを表して、どうして私はどうしてもブレゲの7027、7037、7057を言いますか?

ブレゲのためこの3匹の時計はその他の金(さん)の時計とすべて異なります。私は先に簡単にブレゲのこの数(何)匹の時計の由来を言い続けます。

ブレゲの歴史の上に多くの懐中時計があって、ブレゲの7027、7037、7057のこの数(何)匹の腕時計はブレゲの歴史の上の懐中時計によって設計するでした。ブレゲの歴史の上の懐中時計、たとえばNo.960番の懐中時計、ブレゲは全くつりあいがとれているチップの配置を使って、よく知っている腕時計の兄弟は見るとすぐに知っていて、この懐中時計はぜんまいを中間に置いて、それから2ラウンド、3ラウンド、秒車輪を、を捕らえる、並べてつりあいがとれている配置に順番に当たる、時計の文字盤12時に上方、チップの配置はとてもきれいです。ブレゲは懐中時計を原型にして、今の審美によって、7027、7037、7057出して、完璧な懐中時計のチップ板の道をは腕時計の上で移植します。ブレゲのこのような方法、今に比べて各種はもう1度時計(骨董の時計を照らしてまた一回出る)を刻んで、要するのはずいぶん優れています。

ブレゲの7027、7037、70573の時計は見たところとても似ていて、私は違いを前もって言っておきます。

       ブレゲの7027:サイズの37ミリメートル、手動の上弦。702712時に時計の文字盤は比較的小さいです。

       ブレゲの7037:サイズの38ミリメートル、自動上弦。

       ブレゲの7057:サイズの40ミリメートル、手動の上弦。705712時に時計の文字盤は比較的大きいです。

7027と7057は比較的似ていて、すべて手動で時計で、すべて動力の表示があるのです。違いは、7057のサイズがもっと大きくて、12時の時計の文字盤ももっと大きくて、大きいサイズバージョンを言うことができます。7037は自動時計で、陰で自動陀、良い違いがあります。

見て恐らく言う兄弟があって、それでは通し番号の中で2、3、5はその他の型番がありますか。あって、7027、7037、7057を除いて、ブレゲが7047(陀はずみ車)がまだある、7067(両地の時に)、7077(時間単位の計算)、7097(大きいサイズ自動的に)。http://www.kakaku090.com/陀はずみ車、時間単位の計算、両地のため時にこれらの型番、機能は少し複雑で、公価格の高、買い始めるのは難度少し大きいです。7027、7037、7057は今性価格のとても高い型番です。自身の腕時計の素質が高くて、同時に実際の価格が良くて、手に入れやすいです。

公価格20万のブレゲは、PP、VC違いがなにかありますか?

私達は先にちょっと見る公価格20万ぐらいのブレゲの7027、7037、7057がと価格ラインのパテック・フィリップ、バセロン・コンスタンチンとどのような違いがあることができます。公価格20万ぐらいの価格、パテック・フィリップが普通で5296で、もう少し高いのは5227です;バセロン・コンスタンチンが普通でこのような85180、87172です。

私達がPP、VC、ブレゲのこれらを公価格に表すのはすべてたいして違わないで、もしもこれらを振り子に表していっしょにいて、区別するのはとても明らかになりました。パテック・フィリップの5296、バセロン・コンスタンチンの85180がなどすべて非常の常規のだ、すばらしい正装の金(さん)が表す。3本の針は、最多で1つのカレンダーがあります。ブレゲの7027、7037、7057の“懐中時計のチップの配置”の盤面は明らかにとても特殊になって、普通な正装の金(さん)とまったく“千差万別”を表します。1人の1つの審美、私達が判定しないのは美しくて美しくありません。私個人の審美、私のスーパーはブレゲのこの数(何)匹の時計が好きで、私が普通な金(さん)が表すのが太平で薄くなったと感じるためです。

ブレゲの一大の特徴は、腕時計は外観の上でとても古典だが、しかし腕時計のチップの技術価値はとても高くて、使ったのはすべて最新の技術です。たとえば7027、7037、7057私達はブレゲが特に懐中時計をまねて“落下傘”で避けて震動を見ることができて、同時に腕時計性能を高めるため、とても近代化するなしで度を押さえて微調整して車輪を並べます。また例を挙げて、ブレゲの7727に似ていて直接“磁力の振り子の輪軸”を使って、輪軸を並べて上から下までそれぞれ1つの磁石があって、磁場で輪軸の平衡がとれていて、非常の牛を並べるのを維持します。だからただブレゲは見たところとても古典で、実際の技術の上でたいへんリードします。

それから、私はやはり(それとも)価格の問題を言い続けます。

今の市場の情況、ひとつのは前に似ていて言及したので、オウムガイ、皇室のゴムの木、スポーツに似ていてこれらのスポーツにとても火を表すように働いて、全く鋼の表す値段が金を上回って表すのです。2つ目はパテック・フィリップこのようなに似ているので、ブランドの付加価値は多くて、“炒める”、だから市況はすべて高くなります。この市場環境の下で、ブレゲは“身を局外に置く”で、“炒めるの”と関係がなくて、だから市況はすべてとても正常で、合理的です。

割引、為替レート、再販市場などの原因でおりるのに影響して、ブレゲの実際の価格はたいへん優位がありました。7027、7037、7057の実際の価格がパテック・フィリップの5296このような時計に比べて優位がありを含みます。7027と7057は比較して、7057の市況は少し高いのができて、7057が大きい口ぶりためです。7027の比較的少し低い(7027サイズが小さい)。その他に注意する1つの問題が必要で、私は以前は同じく言及したことがあって、バラの金、黄金、プラチナ、同じではない時計の殻、腕時計の後の価値に対して影響があったのです。バラの金、黄金は色を持つため、その後の実際の価値は高を要してプラチナを過ぎて、兄弟達が選んで表す時参考にすることができます。

最後、私はとてもブレゲの7027、7037、7057のこのいくつ(か)の時計の原因がなぜ好きなのか、単に腕時計にとって、同じ費用、ブレゲの獲得することができるのがもっと多いです。



前ページ: どうしてAPは相手いつも第1位が好きです
次ページ: モダンですばらしい衝突のブルガリOCTO固定記憶装置A腕時計